スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

あの日のこと・・・そしてこれから

2010年01月17日 20:00

今日はなぜか5時45分に目覚めました。



淡路島1


これは淡路島野島断層の隣にある慰霊碑です。





あの日のことを思い出しながら、いまの自分に聞いてみる。


もし再びあの日のようなことが起こったら、医療従事者としてどうするか


昨日の神戸新聞の7日間を見ながらも、今の自分の立場に置き換えて考えてみる。


淡路島7


考えてみたことありますか??

オリックスナインや職員も犠牲者の冥福祈る


プロ野球オリックスの選手や球団職員らが17日、神戸市須磨区のスカイマークスタジアムで正午に黙とうを行い、丸15年となった阪神大震災の犠牲者の冥福を祈った。

 震災が起きた1995年に現役最後のシーズンを送り、オリックスでリーグ優勝を果たした岡田彰布監督は、球団を通じ「あんな状況で野球をやっていていいのかという気もあったが、優勝よりも神戸のためにとにかく頑張ろうという思いだった」とコメントした。

 村山良雄球団本部長は「本当の意味での復興はまだだが、ここまでこられて感慨無量。ありがとう神戸と申し上げたい」と話した。




毎日元気に過ごせていること、生きていることに感謝します



人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
     



コメント

  1. ホリホリ | URL | OI7D8nFM

    Re: あの日のこと・・・そしてこれから

    あれからもう15年もの月日が経過したんですよね。神戸新聞の7日間のドラマも見ました。涙が止まらないシーンがいくつもありました。

    当時の記憶は今でもすごく覚えてます。あの時何を思い、何をしてたのか。当時高校2年生でした。今も変わらず同じ街に住んでます。あの激しい揺れの恐怖は世界各地で起こる地震のニュースを聞いてもやはり思い出してしまいます。

    もし今の自分だったら地域の人達と協力し、その時に少しでも何か出来る事をって考えると思います。キレイ事でなく、そういう自分でありたいと。そう、当時の映像を見ていつも思うんです。被災された地域の街や防災について考えを改めるって意味では復興したかもしれないけど、人の心の傷はまだ復興したとは言えないかもしれませんね。

    なおみさんの住んでた地域は大きな被害を受けた地域ではないでしょうか?だからこうしてブログにいろんな思いを込めて書かれたのだと思います。住む地域によって被害の大きさは違っても、大地震によって6400人以上の方々の命を失いました。今、元気に生きてるコトに本当に感謝しなくてはいけませんね。

  2. なおみ | URL | -

    ホリホリさんへ

    こんばんわ!!

    あの日のことを自分の言葉でなかなか書けなくって・・・

    大きな揺れとあの地響きのような音は忘れられません。
    被害はそんなに大きくはなかったんですけど、情報もない中どうなってるんやろ??とかどうなるんやろ??っていう不安な1日のことは忘れられませんね。

    それから淡路島に生まれ育った私にとっては神戸の街は凄くあこがれの街やったし、船を渡っていろいろ見て楽しい思い出のある街がなくなっていることのショックや被害者の名前の中に知り合いの名前を見つけた時の思いは表現のしようがないですね。

    自分の今の立場では率先して人命救助にあたらなければならないと思うんですが、それをするには相当の覚悟がいるなって考えてしまいます。
    助けられる可能性のある人から助ける、命に優先順位をつけないといけない。
    どの命も同じなんですけどね。


    永遠に生きられるわけではないんで毎日しっかり生きないと
    それに今は親とかと離れてるんで会った時は優しくしないと

    って思いながら出来てない自分がいるんですけどね (^^;


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://challengespirit.blog80.fc2.com/tb.php/866-17f05871
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。