FC2ブログ

やっぱりさみしいですね・・・

2009年12月09日 20:35

今日の夕方、びっくりするニュースがありました げ


それは阪神タイガースの赤星憲広選手の引退のニュース

「命の危険もある」…阪神・赤星が無念の引退決意

阪神の赤星憲広外野手(33)が9日、兵庫県西宮市内のホテルで記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。

 9月に首を痛めた際は持病の椎間板ヘルニアの悪化とされていたが、その後の検査で脊髄損傷と診断されたためで、同外野手は「全力プレーをできない状況で野球を続けるのは無理なのではないかと、引退する気持ちを固めた」と語った。

 現在、日常生活に支障はないというが、医師からは「今度やってしまったら、最悪、命の危険もある」と言われたことも明かした。突然の引退に「実感がわかない」と繰り返しながら、プロ生活を振り返り「9年間できたことは本当にありがたいこと」と話した。




スカイマークOP戦-012


頚椎ヘルニアの悪化ではなく、脊髄損傷やったとは・・・
これは医療従事者の立場から言えば、もうやめた方がいいといいますね 猫五郎

でも野球ファンとしてはさみしいもんです (=TェT=)

でも一人の人間としてこれからの人生の方が長いんですから、選択は間違ってなかったと思いますね。


これについてビッキーもブログに書いてましたね⇒悲しすぎる

自分なんかが赤星さんの変わりにやれることなんて何にもないけれど

赤星さんがやり残したことをプロ野球の発展のために

どこまでやれるかわからないけど力を注いでいきたいです!!




ちょっと泣けてきました うるうる

きっと大引啓次選手が赤星選手のやり残したことをやってくれると思います。


スカイマークOP戦-241


阪神・赤星、決死のダイブは後悔なし

 9月に脊髄(せきずい)を損傷した。家から出られないほど症状は重かった。いくつもの病院を巡ったが、返ってくる答えは厳しいものばかり。シーズン終了後、球団から引退をすすめられた。約1カ月「人生で一番苦しかった」と言うほど悩み抜き、決断した。現役への未練はもちろんある。「若い選手に負けていない。けがさえなければ、まだまだできる気持ちがあった」と33歳は言った。

 脊髄(せきずい)損傷のほかに首や腰、さらには手足にしびれが出る。「言葉に表せないくらいしんどかった。首の痛みで眠れない」。ここ3年間は常にけがとの闘いで「最後の3年間が9年分に感じるくらい長かった」とつぶやいた。

 けがをしたのは9月12日、雨の甲子園だった。右中間の当たりに頭から飛び付き、赤星のプロ生活が終わった。「夢であのシーンが出てくる。野球人の本能でやった。後悔はしていない」。この言葉に、この日一番の力がこもっていた。




赤星選手9年間お疲れ様でした。
それに感動をありがとうございました。



それにしても・・・


スカイマークOP戦-011

ふじもっちゃんも


スカイマークOP戦-108


今岡まこちゃんもいなくなったタイガース 阪神




ほんまに見ることはないんやろうなぁ・・・(元タイガースファンの独り言でした)




みなさんのひと押しが更新の励みになります d(=^‥^=)b
応援のワンクリックを (σ・∀・)σ br_decobanner_20091209195045.gif

                     よろしくお願いします (。・_・。)ノ
スポンサーサイト



     



コメント

  1. よう | URL | IOg9bXQk

    実は

    赤星選手の引退はショックです。

    会見を見てビッキーのブログを見て涙が出ました。

    9年間のプロ生活でしたが、印象に残る真っ直ぐな選手でしたし、残念ですが脊椎損傷なら引退もやむなしなんですね。

  2. なおみ | URL | -

    ようさんへ

    こんにちわ

    ほんまにさみしいです。

    ビッキーの思いにも涙が出ますね・・・

    この3年間は、本当に辛かったみたいですね。
    今後赤星選手の人生に幸あれ!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://challengespirit.blog80.fc2.com/tb.php/796-e850606f
この記事へのトラックバック


最新記事